So-net無料ブログ作成
検索選択

雨続きで順延順延。 [社会人野球]

男子バレーボール盛り上がってましたね。(あんまり観て無かったけど。)
津曲がんばれ、鹿屋魂だ。1975年魂だ。

そういやさ。越川優選手っているじゃん。
私、ふそうの植山幸亮選手にしか見えなくて・・・ちょっと似て無い?似てるよね?越川が得点決めると「さすが植山」なんて思ったりしてます。

男子ハンドボールも正念場ですね。
今夜も深夜にNHK-BSで中継があるので、テレビで応援したいと思います。

明日は雨が上がるんでしたっけ。
大宮へ行くか、天台へ行くか、府中へ行くか・・・迷う。どこも行かないかも。
でもウェルネス彩vs全大宮野球団は観たいなー。西澤さんと諸星くんとランドルをいっぺんに観られるなんてそう無いだろうし。朝9時開始かー、早いなー。無駄に日焼けすることも無いか。いや、無駄じゃないはず。とはいえ大宮まではしんどい。でも競輪場もチラ見出来る。第3試合だけ観に行こうかなー。それなら府中に行ってもたいして変わらないしなー。かずさマジックの新ユニフォームも見てみたいし・・・悩むわー。

各地の一次予選は順延になるばかりで、なかなか進まないみたい。(特に東京都は壊滅的。)
今回の雨はクラブチームにとっては災難だったようです。これだけ日程が延びたら、さすがに仕事の調整できないでしょ?!月末月初だし、職場によっては休めない選手もいるのかも。
クラブだけの大会はちゃんと週末に試合が組まれてるけど、やっぱり企業チームが絡むとそっち優先になるようで・・・戦力が揃わないのに都市対抗予選に挑めっていうのは酷な気がする。クラブが増えてるのにJABA側は対策取ってないのかな?チーム数増える前がどうだったのかよく知らないけど。せめて水捌けのいい球場を優先的に使うとか。

今頃気づいたけど、所沢GBCの瑞慶山選手って退部しちゃったんですか?あらまー。佐藤投手も独立リーグに行っちゃったし。どこのクラブチームも人材確保が大変なのかな。

てなわけで、おやすみなさい。私は身体の左側から血が出ています。なんだよもー。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

井川良幸捕手の「譲れないもの」。 [社会人野球]

毎日新聞(神奈川版)に掲載中の、「譲れないもの:’08都市対抗野球」。
新日本石油ENEOS(前田将希選手)、日産自動車(石畝卓也投手)、東芝(大河原正人選手)と来て、今日は三菱ふそう川崎の番です。
そんなわけで、出勤前に川崎駅まで行って買って来ました。

取り上げられていたのは、#22井川良幸捕手
以下、毎日jpより引用。

 譲れないもの:’08都市対抗野球/4 肩 刺す 井川良幸捕手 /神奈川

 ◇無駄のない動きで--三菱ふそう川崎・井川良幸捕手(27)
 1・8秒台。投球を捕って二塁手のグラブへ収まるまで、送球タイムはプロでもトップ級だ。練習は特技の遠投で始める。約100メートル先の左翼フェンスへ二塁送球と同じように、強く正確に。感覚を確かめると、次はスピードだ。トスされたボールを捕って10メートル先のネットへ素早く120球。ようやく本塁に座り送球を試す。二塁送球のタイムに思わず笑みがこぼれた。

  <<  中 略  >>

 エースの佐藤大士投手(29)は「あいつと組んで走られた記憶はほとんどない」と言う。捕手の総合力を意味する投手陣からの信頼感も確実に得た。
 06年の記念のボールは寮の自室に飾ってある。見るたびに未熟だった自分を思い出して誓う。「盗塁は許さない。いつでも走ってこい」。父の墓前に本大会出場を報告するためにも。

数年前はマスクで顔を隠すのが勿体ないくらい可愛らしい顔をしていたのに、最近では格好良く見えて仕方ありません。
捕手はお客さんに背を向けてグラウンドにいますし、なかなか顔が撮れなくて困っていたんですが、いつの間にか「なんだぁ、井川って背中だけでもカッコイイじゃーん!」なんて思うようになりました。
格好良くなったのは単に歳を重ねただけじゃなくて、ちゃんとした裏付けがあったんですね。

そういえば高根澤力さんが引退した直後は、内野手の梅原大介さんがマスクを被っていたんでした。「他に捕手がいるのに何で梅ちゃんが?」と疑問でしたが、やっぱり他の捕手は悔しかったんですね・・・当り前か。

自信に満ちた背中はスタンドから見てても頼もしいですもんね。その捕手と正面から向かい合う投手と野手達はもっと頼もしく思ってるのかも。

とにかく2日の相模原クラブ戦からですね。先発誰だろう。
何だか少し寒くなってきてますから、プレーする側は身体を、応援する側は喉を壊さないように注意ですね。

タイトル部分の写真を、亀井泰慶投手から佐藤大士投手に変えました。気分転換。
大士投手の指先からボールが放たれるイメージで作ったんだけど、手首に焦点合っちゃった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

笑いながら投げる五嶋。(長いよ) [社会人野球]

来月、七十七銀行の関東遠征があるそうでして、日程を教えていただきました。

 ・6月14日:出発
 ・6月15日:全足利クラブ(12:30足利球場)
 ・6月16日:富士重工(10:30太田市民球場)
 ・6月17日:住友金属鹿島(12:00住金球場)
 ・6月18日:日立製作所(10:00日立球場)

とのことです。
時間や球場は直前に変更になる可能性があるので、行かれる方はチームか球場へご確認ください。

この時期になるとファン同士の交流も頻度が増えて、「うちのチームやばいよぉ」なんてことを言い合ってます。どこまで信じていいのやら~(笑) ファン同士も腹の探り合いですね。
でもみんな不安なのは一緒なんですよね、自分の好きなチームが本当に東京ドームまで辿り着けるか。信じてはいるけど不安でたまらない。社員でもないのにね(^_^;)
観戦予定を立てるだけでも一喜一憂。
「この日に有休取っていいのかなぁ、雨降ったらどうしよう」「交通費どうやって浮かそうかな」「日焼けしたくないから、さっさと第一代表で決めてほしいんだけど」
最終的には自分の都合ですけど・・・




神奈川の二次予選は6月2日から。
ふそうには6月誕生日の方が沢山いらっしゃいます。(北村幸亮選手[1日]、羽野亮大捕手[8日]、三垣勝巳選手[10日]、垣野多鶴監督[16日]、長谷川進野選手[23日])是非、都市対抗出場を決めて、いい誕生日にしてほしいですね。(ちなみに宮内英晃さんも6月がお誕生日です^^)


【三菱ふそう川崎 vs 東京ガス】(東京ガスのスタメンは確認してません。)
打順 
守備 中堅 右翼 二塁 一塁 三塁 DH 左翼 遊撃 捕手 投手
選手 市川 根岸 石塚 西郷 三垣 新保 佐々木 井川 矢貫

20080526_fuso.jpg
細かいスコアは取っておりませんが・・・東京ガス先発の木村雄太投手を初回から攻めて、石塚信寿選手がセンター前へタイムリーヒット!1点先制です。

20080526_yanuki.jpg
ふそうの先発は矢貫俊之投手。どんどん近藤洋平選手に見えてくる(汗

20080526_hamada.jpg
2回まで無失点に抑えていましたが、3回表にピンチを迎え、濱田政宣選手にタイムリーを打たれて同点に。濱田選手はネクストでも声を出して素振りをするなど、打席前から気合が入っていました。矢貫投手、気合い負け?無死満塁に追い込まれます。

20080526_taisuke.jpg
無死満塁から黒田雅和選手にレフトへ犠牲フライで1点追加され、さらに山口太輔選手にレフトへホームランを打たれ・・・この回5失点。2死の状態で矢貫投手はマウンドを降ります。

20080526_yoshida.jpg
マウンドに送られたのは吉田友輝投手。一人をサクッと抑えてチェンジ!かっこいー。
3回、ふそうは根岸弘選手が内野安打で出塁しますが、先ほど先制タイムリーを放った石塚選手が3塁ゴロ併殺打。得点にはつながりませんでした。

20080526_gotoh1.jpg
4回表からマウンドに上がったのは五嶋貴幸選手!
あー・・・・五嶋くん・・・笑ってる。

20080526_gotoh2.jpg
マウンドで笑ってるw

20080526_gotoh3.jpg
いいですよね。こういうの好きです。っていうか、五嶋投手が好き。
マラソンでも「微笑み走法」と称して(?)中国電力の選手達が口角を上げながら走ったりしますますけど、決してふざけてるわけでは無くて強さが滲み出てるイメージがあります。

20080526_gotoh4.jpg
笑顔になるのは好調の証なのか、しっかり3人で仕留めて完璧投球!雄叫びをあげてベンチに戻っていました。かっこいー。

20080526_kimura.jpg
東京ガスの先発はプロも注目の木村雄太投手。背・・・長いね。
初回以降はなかなか攻め切れず、4回裏にも三垣勝巳選手が高目を叩いてヒットを放ちますが後が続かず無得点。そのまま前半が終了。

20080526_hasegawa.jpg
20080526_keita.jpg
ネット裏でビデオ係をしていたのは長谷川進野選手と斉藤圭太投手。長谷川選手は予選に間に合わないのかなぁ・・・まだ今シーズン1試合も見て無いや。

20080526_teatime.jpg
お茶、お持ちいたしましょうか。


20080526_fukuyama.jpg
6回からふそうのマウンドは福山雄投手。
松田孝仁捕手に「えいっ!」と投げると・・・・

20080526_homerun.jpg
ぱこーんと・・・レフトの上空へ。ボールは外に出ちゃった?

20080526_matsuda.jpg
3塁ベースを回る松田捕手。三垣選手は悔しそう。

20080526_tanimura1.jpg
今日は投手陣総動員のようでして、福山投手は1アウトを取っただけで谷村逸郎投手にマウンドを譲ります。

20080526_tanimura2.jpg
逸郎さんは先日の東海REX戦で打ち込まれたそうですが、今日はランナーを出さずに無失点。
かっこいー( ̄▽+ ̄*)

20080526_negishi.jpg
6回裏、リードを許していたふそうが、崩れてきた木村投手へ襲い掛かります。
根岸弘選手が左中間フェンス直撃の2塁打!

20080526_saigoh.jpg
続く石塚選手が四球で出塁して、4番の西郷泰之選手がタイムリーヒット!1点返します。
根岸さんが2塁から生還してきましたが、全力疾走している姿を見るとまた脚を痛めるんじゃないかって不安になってしまいます。もう大丈夫なんでしょうかね。

20080526_ishitsuka.jpg
更に三垣選手が四球して無死満塁!佐藤勇選手は四球?死球?
とにかく押し出しで石塚選手がホームイン。

20080526_niibo.jpg
そして新保大輔選手もタイムリーヒットで、木村投手をマウンドから引きずり降ろします。

20080526_munemasa.jpg
宗政徳道投手が登板するも・・・

20080526_sasaki.jpg
佐々木勉選手がレフトへタイムリーを放って更に点差を縮めます。

20080526_ichikawa.jpg
市川和樹選手もレフトへ犠牲フライでもう1点。これで同点かな?
この回は打者一巡で、なんとか追い付きました。

20080526_kawajiri.jpg
7回からは川尻一旗投手が登板。私にとっては、今シーズン”初川尻”です。
三者凡退に仕留めましたが、次の回は山口太輔選手に左中間へソロ本塁打を浴びます。
太輔は今日2本目のホームラン。当たってるみたいですね。それとも、ふそうの投手陣が不甲斐無いのか・・・

20080526_kamata.jpg
東京ガスは、鎌田真志投手がマウンドに・・・これって何回だっけ(汗)7回裏かな。

20080526_renan.jpg
佐藤勇選手が左線へ強烈な2塁打を放ち勝ち越しのチャンスを迎えますが、次の新保選手の送りバントがピッチャーフライになり、飛び出していたレナンが戻れずに併殺(-"-;) なんだよ・・・

20080526_hiroshi.jpg
ホントに今日のふそう投手陣は総動員ですね。9回表には佐藤大士投手が登板。
ランナー出したって知るもんか。2アウトを取ってチェンジまであと1人。いいぞ大士!みんなの大士!俺の大士!(2003年の都市対抗で、そう叫んでるオジサンがいました。ずっっっと耳に残ってます。)

最後の打者がショートゴロで・・・と思った打球を、佐々木選手がトンネル。
その後の大士は崩れまくりで目も当てられず。
死球を与えて2死満塁→ライトに2点タイムリー→四球で再度2死満塁→センターへタイムリー。
最後は空振り三振に仕留めましたが、結局この回は2死から4点取られました。
あーーーー・・・、そうっすか。

20080526_hano.jpg
9回裏の最終回。井川捕手の代打に羽野亮大捕手が打席に立ちますが、敢え無く空振り三振。市川、根岸も凡退して挽回できず。そのまま試合終了。

20080526_score.jpg
写真、貼りすぎたわ・・・しかも全部同じアングル。自分で見てて、ちょっと気持ち悪くなってきた。
まぁいいか。ついでだから、もっと貼っとこ。
このブログ記事の最後↓の方に写真ベタ貼りしてあります。





色んなチームのHPを巡っていると。日産・東芝・エネオス・三菱横浜はまだオープン戦の予定が組まれてるようですが、ふそうのオープン戦はこれで最後でしょうか?
今月後半の試合を書き出してみると・・・

 15日:東海REX@平間(OP戦)⇒●
 16日:東海理化@平間(OP戦)⇒○
 20日:セガサミー@平間(OP戦)⇒雨天中止
 21日:日立製作所@太田市民球場(関東選抜リーグ)⇒●
 22日:王子製紙@横浜スタジアム(OP戦)⇒不明
 24日:ヤマハ@平間(OP戦)⇒不明
 26日:東京ガス@平間(OP戦)⇒●

本番前の最後の試合だとしたらどーなのかな?
初戦の相模原クラブは、春の大会で対戦して、勝ちはしたけど5回まで点が取れなかったはず・・・
「東芝には負けないぞ!」とか言ってる場合じゃなかったりして。

とは言え、ここまで来たら選手を信じるしかないので、ふそうの悪口を友達にメールして、暴飲暴食して気を済ませました。2日からの予選が楽しみです!ぜってー勝てよ!


・・・で、写真をベタベタベタベタ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ツアー・オブ・ジャパンをチラ見。 [その他のスポーツ]

ツアー・オブ・ジャパンの最終日。
日比谷シティ前で、スタートの瞬間だけ見てみました。

20080525_toj1.jpg

20080525_toj2.jpg

路面は濡れていましたが、スタート直前に雨が小降りになったので、それほど影響は無かったのかな?ピーカンよりはマシ?大井ふ頭で観戦すれば良かったんですが、このあと友人と東京03のライブに行く約束してたので、この2枚だけ撮って終わり~。
友達との食事も楽しかったし、もちろん東京03のライブも面白かったです。でも今回は笑うよりも考えさせられるコントが多かった・・・考えすぎかな。

[るんるん]All You nedd is "small" love !

大事なことですね。


あっ!須賀川クラブが福島一次予選で優勝してる!今年も東北大会出場決定ですね~[わーい(嬉しい顔)]
こたろうさん、おめでとう!東北大会は仙台で試合でしたっけ?観に行ってしまおうかな・・・
あーでも陸上の日本選手権と日程がかぶってる(_ _;)


タグ:自転車
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

恨みごと。

本日(24日)、NHK-BS2で『響け!みんなの吹奏楽』が放送されます。
新日鐵君津吹奏楽団が紹介されるそうですが、「1976年、新日鐵の社会人野球の応援部吹奏楽団として結成され」って書いてあるから、かずさマジックのブラスバンドってことなんでしょうか?
18:00からの放送だそうです。再放送は26日(BS-hi)にて。

[野球]    [野球]    [野球]    


今日は平間で【三菱ふそう川崎vs.ヤマハ】のオープン戦。
鎌ヶ谷では【日ハムvs.ロッテ】の2軍戦。
国立競技場では陸上の日本インカレがクライマックス。
ツアー・オブ・ジャパンも残り2日。
各地で都市対抗予選が開催され、各クラブチームでブログをやっている選手の記事にも気合が感じられます。

そして私は・・・外出できず。蕁麻疹なんですよねー[病院]
肌は腫れ上がるし、血は滲むし、眩暈はするし、手は震えるし、微熱が下がらない。

せっかく、雨降らないでいてくれたのになぁー。
せっかく、いーくんがオープン戦の開始時間教えてくれたのになぁー。

でもここで無理すると二次予選に行けなくなるし・・・
2005年の二次予選は「陽射しが強すぎる」って理由で、1試合も行けなかったし・・・
そんな事態になるのを避けるために、今はじっと我慢です。
肌が弱いといいことありませんねー。

暇なので、先週の天台での試合の写真を追加しました。(ベタ貼りですけど。)
 ⇒ 静かなサウザン。(5月18日のブログ記事)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

WIEN’94が優勝☆東京都クラブ春季大会 [社会人野球]

今更ながら、5月5日の府中市民球場でのこと。
この日は準決勝2試合と決勝の計3試合。(東京都クラブ春季大会[PDFファイル]

府中本町駅から府中街道沿いに球場へ向かったんですが、どうやら府中はお祭中らしくて大きな太鼓が鳴り響いていました。うちの近所ではこんな大々的なお祭りが無いのでちょっと羨ましいです。(たぶんあっても参加しないけど。)
そういえば、この府中街道を南下すれば平間グラウンドへつながるんですよねー。

府中市民球場へ到着した時は、準決勝第2試合の9回表2死でした。ギリギリです。

◆準決勝【WIEN'94 vs. ABC東京野球クラブ】

WIEN'94が突き放しているところでした。
(WIEN'94のユニフォームが変わったんですね。日ハム風のデザインです。)

嶋津亮孝投手
9回裏、WIEN'94の投手は嶋津亮孝投手。
2人を打ち取ったあと、9番打者の小沢淳一選手に粘られてライト線へ2塁打を打たれます。

マウリシオ
ここで打席は片山マウリシオ照夫選手!相変わらず気合の入ったスイング&雄叫び[グッド(上向き矢印)]
かっこいいわぁ~。この人を観るだけでも行く価値あるもん。

しかしここは小沢投手の勝ち。投手ゴロ(だっけ?)に仕留めて試合終了!
WIEN'94が決勝進出を決めました。


[野球]   [野球]   [野球]



◆決勝【WIEN'94 vs. 熊球クラブ】
船橋悠選手
この試合の数日前・・・
熊球クラブのHPに元早大野球部の船橋悠選手が入部が載っていました。
私はあんまり知らない選手んですけど、有名なんですよね?!
もしかしたら観られるかな?と思って期待していたら、さっそくスタメンに名を連ねていましたね。
ほ~、この選手が船橋選手なんですか。
楽しみです(^_^)

さて、スタメンが発表されて・・・驚愕。

WIEN'94先発投手・平川慶徳!
えぇぇぇぇぇ~~~~!ホントに?決勝なんですけど・・・[たらーっ(汗)]
っていう言い方は平川くんに失礼ですが、私、行徳高でも三菱川崎でもWIEN'94でも平川くんが投げてるのを観たことが無いんです(-_-) それなのに決勝で先発って[あせあせ(飛び散る汗)]どのくらい期待していいもんだか、試合前に心の準備がつきませんでした(^_^;)

近藤洋平選手新地慶彦投手松田直樹選手
WIEN'94には元三菱ふそう川崎の近藤洋平選手と新地慶彦投手と小野補選手、元東芝の松田直樹選手が在籍しています。新地くん、最初誰だか分かりませんでした・・・ヒゲがあると別人ですね。


澤田渉投手先攻はWIEN'94。
熊球の先発・澤田渉投手が、先頭打者の関選手にいきなり死球を与え、送りバントとワイルドピッチで一死3塁。

松田直樹選手



いきなり松田直樹選手にチャンスが巡ってきました。
ここでライトへタイムリーヒット!WIEN'94が1点先制!

横山峰俊選手大木拓哉選手続く横山峰俊選手がセンターへ渾身の3塁打!
松田選手も懸命に走ってホームイン!
WIEN'94が1点追加。
そして大木拓哉選手が気迫のヘッドスライディングでタイムリー2塁打!

この回、クリーンナップの3連打で3点先制です。


さて1回裏、平川投手のピッチング。
先頭の竹田正紀選手にライト前へ運ばれてしまいますが、次の臼田光希選手を空振り三振に仕留めます。この時、一番大きなガッツポーズをしていたのはショートの洋平選手(^_^;)
その後もランナーを進めますが、初回は無失点。2回なんて船橋選手を1球で仕留め、三者凡退に封じました。すげー。

記念に(?)平川くんの動画録ってみました。(手振れしまくり)




近藤洋平選手2回のWIEN'94は、四球と送りバントで2死3塁。
近藤洋平選手がフルカウントからセンターへタイムリーヒットで1点追加!
WIEN'94はこれで4点目!

竹田正紀選手ライトへ大きな当たり





臼田光希選手

熊球クラブも負けじと反撃。
3回2死から、竹田正紀選手がライトへ大きな当たり。2塁ベースを一気にまわって3塁打!すかさず次の臼田光希選手が、センター前へタイムリーヒット!
臼田選手は愛工大名電高がセンバツ優勝した時のメンバーなんですね。熊球もWIENも豪華な選手が揃っています。


山内雄太郎投手 ちょい守備危うい
WIEN'94は4回に松田選手のセンターオーバーのタイムリーヒットで1点、5回にも交代した山内雄太郎投手から横山秀作選手がレフトへのタイムリーで1点。
平川投手には心強い後ろ盾だったんじゃないでしょうか。近藤選手の守備がちょい危なかった。

5回裏、この試合の山場のひとつを迎えます。
武藤航史選手を二飛に打ち取り、乗金篤捕手を3球で空振り三振に仕留めて、平川投手は絶好調。
WIEN'94ベンチからは、「別人だよー!」「今まで俺達は騙されてたんだ!」的な野次が飛び始め、優勝へ向い楽勝ムード。

・・・が、
桑代幸太選手の打球がポテンヒットになるや否や、いっきなり崩れる平川投手[たらーっ(汗)]
竹田選手にセンター2塁打を打たれて2死2・3塁。続く臼田選手の打球が1塁内野安打(エラー?)になり、その間に桑代選手が生還。1点返されてしまいます。でもまだ点差は十分ありますからね。いいんですけどー。

なんて思ってたら、代打の遊佐兆正選手が四球を選び2死満塁。いやいや、だいじょぶだいじょぶ。
ここで迎えた4番の菊池渉選手に・・・・・やられた(_ _;)

ホームインする菊地選手
お出迎えする熊球ベンチ
満塁ホームラン[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] 8-6の2点差に[がく~(落胆した顔)]

平川投手
平川投手はここで降板。
降板後、色々と話を聞く平川投手。

坂間悠希投手



マウンドには坂間悠希投手が上がります。(新人さんだー)
代わりばな、船橋選手にヒットを打たれましたが、斎藤聡仁選手を空振り三振にとってチェンジ。(斎藤選手って、これで”あきひと”って読むんですね。難しい。)


同点になっちった
この辺から、量は少ないですけど大きな雨粒が落ちてきたので屋根の下に逃げました。
なので写真は撮っておりませんが、熊球クラブは6回に竹田選手のタイムリー、7回に武藤選手のタイムリーで同点。8-8になり振り出しに。
府中市民球場は屋根があるのでありがたい。なんでプロ野球本拠地の野外球場って、雨よけの屋根すら付けて無いんだろう。以前にどっかのお偉いさんが「アメリカみたいに開放的なスタジアムに」「ドーム化反対」とか言ってたけど、その前に日本の気候を考慮してほしい(_ _;) 簡単に開閉できるドームがいいなぁ。

8回から、WIEN'94のマウンドは志村亮投手。
竹田選手に右ヒットで出塁させますが、ここからが志村投手の見せどころ。
志村投手の牽制で帰塁する竹田選手
牽制の達人といわれる志村投手。
牽制死にすることはできませんでしたが、チェンジになった後に走者だった竹田選手が「ヤバいよ、全然(フォームが)変わんないんだもんっ[あせあせ(飛び散る汗)]」とチームメイトに話しているのが聞こえてきました。
私は細かいことなんて分かりませんが、確かに帰塁する走者の写真は、他の投手の時より撮りにくいかも。とにかく竹田選手の焦り具合で「ほんとに凄いんだー」と実感してみる。

大山元希投手試合は8-8のまま9回表に入ります。
7回から熊球のマウンドに上がっているのは大山元希投手。
走者を1人置いて、迎え撃つ打席は根津和希選手。

根津和希選手




その根津選手の打球は・・・
みなさんの視線の先へ!
レフトへ勝ち越しの2ラン本塁打!


入った瞬間、打った本人はもちろん、ベンチやブルペンにいた選手は文字通り跳びあがって大騒ぎ!
ベンチでもベテラン勢に手荒いお出迎えをされていました^^

9回裏も、2死から2人出塁を許しましたが、最後は外野フライに仕留めて試合終了!


乱打戦を制したのはWIEN'94!東京都のクラブ春季大会を制しました^^

横山秀作捕手 志村亮監督
試合後の表彰式にて。
横山秀作捕手は優秀選手賞?!トロフィーを持つ姿が誇らしげでいいですねー。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

私だけのデジカメケース。 [スポーツの写真]


今までデジカメのケースが無かったので、革工房Aballi(アバッリ)さんに作っていただきました☆
私のカメラしか入りません( ̄ー ̄+)ニヤー にいさん、ありがとう!


さて、私の注文を受け入れてくれたのは「革と写真と自転車と」というブログをやっている加トさん
ブログタイトルの写真がとっても格好良いんですよねー。空と大地の色に、自転車の赤がキレイ!
そして、コメント欄でやり取りしているうちに、口約束のような感じで注文してしまいました。

しかも注文時に申し付けたのは以下の点だけ。
 1)デジカメの機種
 2)好きな色
 3)金額

こんな曖昧な注文で、デジカメの現物を渡すことも無く・・・
ちゃんと仕上げていただきました☆すげー!エスパーだ。




ほーら、サイズはピッタリ♪
そして軽い。
単なる箱型ではなくて、包み込むようなタイプのケース。
ちゃんとカメラの細かい凹凸まで計算してあって、中にウレタンを入れていただきました。







キャメル1色ですが、違う革が組み合わさっているので(牛革・オーストリッチ・サメ革)単調じゃないし、ベルト風のバックルが格好いいです。
(実際にはマジックテープで留めます。)
どんな服装にも合う感じですよね?

なんか3枚とも写真の色が違いすぎますが・・・実際の色に一番近いのは、最初の写真かな?


受取りの際には、製作工程の苦労(というか苦悩)を色々とお伺いしました。
オーダーメイドなのに、デジカメの現物も無し、依頼主にも逢ってない。今思えばかなり無謀・・・そりゃ苦悩するわw 「サイズが合うか」「デザインが気に入るか」とっても不安だったそうです。
でも作り主さんの想いを聞く機会なんて滅多にないことですし、加トさんのキャラクターがプラスされてホントに楽しい時間でした。だって普通、失敗した個所なんて客に言わないでしょw そういうのも含めて大切に使っていきたいと思います。

#でも今度、ナスカンの注文しますね(^_^;) 今のところ無くてもOKですけど。

ブログのタイトルにもありますが、彼は写真の専門家。
なので写真の技術を伺おうとしたんですが、「勉強しない方がいい」と一蹴されました。
専門家からすると、私みたいなのが技術を勉強するとそれが邪魔をして撮れなくなる恐れがあるそうです。
そっかー・・・そっか、そっか。
なんだか言い含められた気もしますが、ちょっと気分良くなりました( ̄ー ̄+)
じゃぁ勉強しなーい。努力は避けて通るタイプです。自由気ままに撮ることにします。


・・・で、話は戻りますが。
私は滅多に一点物は買いません。というか、勇気もお金も無いので買えません(^_^;)

ガラスの箱
これは数少ない一点物の中の1つ。
セキグチトモヒロさんという作家さんのペンダントです。金属の箱とガラスを半田で結合して、その中にちっちゃいオブジェが入っています。オブジェの種類は色々あって、機械部品とか花とか・・・これはガラスかな。
セキグチさんはもう作家活動はされていないのかなぁ。代表作であるペンギンのクレイ人形は物凄く素敵でした。酉年の年賀状のデザインに使ってしまったほどです。
似たような物はどこかで見掛けましたが、何となく他の作家さんのは欲しいと思わないんですよね・・・もうかなり前に購入したので革紐の部分がボロボロですが、これもカメラケース同様に大切に使わせていただきたいと思ってます。

そういえば、長野県にある木のおもちゃメーカー「take-g toy's」の中川岳二さんがテレビに出た時にこんなことを仰ってました。
丁寧に、ものに対して愛情込めて作れば、手にした人が大切にしてくれるんじゃないか。
木が育ってきた年月より大切にしてもらえるような作品を作りたいという気持ちはある。

木が育ってきた年月というと100~200年。そこに加工できるように木を乾燥させる年月も入れたら・・・もう大変。(それでも残したいくらい、中川さんの作品は可愛くて格好いいんですよ。)
今回のカメラケースもそうですよね。重たい話をすれば動物の身体の一部を使わせていただいてるわけだし、染色やなめす工程、そしてデザインやミシンの一縫い一縫いが重なり合って、長い年月をかけて私の手元に届きました。もう大切に使うしかないですね。(と言いつつ、既に傷が付いてますが(_ _;))

ま、最初にも書きましたが、にいさんありがとう[わーい(嬉しい顔)]



nice!(3)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

千葉県高校総体をチラ見。 [陸上]

サウザンの試合を抜け出して、隣でやってた千葉県高校総体を観てきました。
(そういえば今日は関東インカレの最終日でしたね。東京女子体育大学はまだ「みんなの力をあげちゃう♪」やってんのかなぁ。)

男子マイルリレーの準決勝3組目。
「第2レーン、市川高校~」というアナウンスが聞こえてきたので、地元のよしみで応援してました。でも市川学園(市川高校って市川学園のことだよね?)って陸上の強いイメージ無いけど・・・とりあえず頑張れ


一度スタートやり直しの後、号砲!


市川高校は第1走者から最下位になってしまいましたが、懸命にバトンをつなぎます。


アンカー勝負は混戦。団子状態でゴール。



続いて、男子三段跳び。かなりの追い風の中での試技。


風で砂が舞うためか、砂場にはかなりの水が撒かれて重たそう。
跳躍時の写真が撮りたかったんですけど、三段跳びを上手く撮るのは難しいもんねー。
トップクラスの選手じゃないと、私はちゃんと撮れないんですわ(_ _;)
久々の撮影なので、無理はしないでおきました。



会場へ入るスロープの途中、自分の中でスイッチが入ったのが分かりました。
それが何か分からないけど、血の流れが変わったかと思うほどハッキリと感じました。やっぱりこの陸上競技の空気が好きです。野球がダメで陸上がいいってわけじゃないけど、私の中で陸上観戦は快復の象徴。特別なのもなんだと改めて実感。
「地味」って言われるけど、ホントはそうじゃないし。100m走るのだって、ちゃんと考えながら走ってる。力を抜く場所も加速ポイントもそれぞれ違う。跳躍や投擲なんて難しすぎて、「すげー」って言ってるだけで時間が過ぎていく。

私に陸上の細いことを教えてくれた友達の秋田真介選手。(2%しか伝わってないけど。)
5連覇中の奈良県選手権に挑んで3着だったみたいです。まぁ年末から怪我してたしね。マトモに練習してないから、本人も「勝つ気なし」って前から言ってたし。
それでも3位かよ。しかも10秒85(風-2.4)。向かい風でそれって・・・速いよw
来月で33歳のオッサンだし、日本代表を狙えるタイムでもありませんが、それでもここ10年間タイムが落ちないのは凄いこと。あいつの身体どーなってるんだ・・・
次に逢うのはいつだろう。秋くらいかな?その時にでも聞いてみましょ。


タグ:陸上競技
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

静かなサウザン。 [社会人野球]

都市対抗の千葉県一次予選。寝坊しちった(-"-;)

◆【サウザンリーフ市原 vs. NODA B.B CLUB

サウザン、初めて見る選手多いなぁ~。知ってる名前は創立メンバーくらいだもの。しかもスタメンマスクが宇多村捕手じゃなくて古川捕手。へぇ~、スタメンなの初めて見ました。
ところで初回の1点は誰が打ったのやら・・・富澤選手が出塁して二盗+三盗。(←これは聞いた)そこでタイムリーを打ったのは棚本選手?平川選手?

今日はメモも取って無かったので、印象に残った部分だけ大雑把に。

北選手
3回、北選手がキレイに2点タイムリーヒットを放ち、相手投手を引きずり降ろします。
続く佐瀬選手もタイムリーで、北選手がホームに生還。3点入れて引き離します。

しかしその裏、清水投手が崩れて一死一二塁から連打を浴びて3失点。

7回裏に四球連発。無安打で満塁のピンチを2回も迎える羽目に。
投手交代も頻繁に行われて、恵投手は1人に投げただけで秋田投手にマウンドを譲っていました。
その秋田投手。たぶん初めて観ました。

そんなグダグダなピンチを1失点(スクイズ?)だけで切り抜けたのはお見事でした。

同点にされ、8回裏にもタイムリーで1失点。勝ち越されてしまいます。

最終回、棚本→平川→北とサウザンを支えてきた選手が続く打線。
何かが起こってくれれば・・・と祈りながら見ていましたが、棚本・平川が凡退。
北選手
続く北がやってくれるはず。一発で同点・・・北さんお願い!とスタンドが願った打球はレフトへの大きな弧を描き・・・打った本人はガッツポー・・・あっ、捕られた(_ _;)
なんだよー、同点ホームランだと思ったのにー!本人も一塁ベース上でズッコケてました。


といわけで試合終了。逆転負けしてしまいました。(もしかして公式戦まだ勝ってない?)
4回の併殺が痛かったかなぁ~。いい当たり過ぎたんでしょうか。仕方無いですね。
というわけで、サウザンはクラブ選手権南関東大会への出場権は無し???


でね、すっごい気になったことが・・・サウザンのベンチが静かだ。
サウザンって「やかましい」イメージが強かったんですけど、リードしてる場面でもほとんど声が聞こえてこない。
NODAは元気だなー
逆にNODAベンチはお祭り騒ぎでした。そのせいでサウザンの声が聞こえなかった?
いやいや、そんな軟なチームじゃないでしょ。暴言は良くないけど、威勢の良さは昨年のままでいてほしいなぁ。


◆【松戸BC TYR vs. YBCフェニーズ】
試合終了まで観ようと思いましたが、陽に焼けすぎて肌に炎症が起きてしまったので途中で退散。
とりあえず、お目当ての選手だけ撮影しておきました。


試合前の松戸BC「チームプレーも大事だけど・・・今日はやりたい放題!」みたいなことを言ってました。


一瞬にして着替えた松戸BC。


YBCの樫田選手。以前、オープン戦観に行った時に「見学しても平気?」って聞いたら、爽やかに対応してくれたので好きです(単純)。皆田選手は出なかったのかなぁ~。
追記:YBCの公式サイトに『8回表 高田、右二。(この時、樫田がフェンスに激突・負傷し、皆田と交代)』って書いてありました。大丈夫でしょうか・・・


松戸BCの主軸、阿部選手。法政大出身の選手ですね。今日もヒット打ってました。


YBCの川村捕手。オトコマエですね。後ろで笑っているのは谷沢健一さん。


以下、写真をベタベタと・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

川尻一旗投手の記事と、クラブチームのこと。 [社会人野球]

5月9日付けですが、asahi.comに川尻一旗投手(三菱ふそう川崎の記事が出ていました。
一部、引用します。

 asahi.com:夏は続くか(2)/「後悔せぬ行動」教訓に-マイタウン岡山

 「自分のせいで負けた」。青空が広がる05年7月27日の倉敷マスカットスタジアムで、玉野光南の選手たちは、そう思い、泣いた。同年春に選抜出場した関西を相手に2点を先制し、甲子園までアウト四つに迫っていた。
 8回2死一塁。景山一旗(かげ・やま・かず・き)(21)=現姓・川尻=の変化球に当てた打球は、ふらふらと二塁へ上がった。「よし、3アウトだ」。景山はマウンドを降りかけ、足が止まった。打球を追った二塁手のグラブからボールがこぼれ落ちていた。何かが崩れ始めた。

     ◇

川尻一旗投手今年はご縁が無いのか、まだ一度も川尻投手の登板を見ていません。
二次予選前に、一度くらい見たいんですけどね~・・・
来週の天気が悪くなければ、どこかの試合で投げるでしょうか。

あーでもなー。
トヨタ関東遠征に来るんですよね?!
その誘惑にも駆られております・・・

JABAのHPを見ていると、各地で続々と予選が開催されていて、二次予選もあっという間に過ぎ去るんでしょうね。気分良く梅雨に突入したいもんです。
でも色々と不安もありますわ。私の好きな某投手はぎっくり腰らしいっすよー。まぁねー、ベテランだもんねー、もともと腰悪いしねー。満身創痍だわなー。


[野球]   [野球]   [野球]   [野球]


そんなこんなで・・・
今日、サウザンリーフ市原は延長戦の末、敗れたらしいです<観に行ってない
絶対勝つと思ってたから「明日行けばいいや~」なんて思ってたのに(_ _;)
明日、10時試合開始かー・・・(私にとっては)早朝じゃん。
関東圏の某強豪クラブがね、「サウザンにさえ注意すれば、うちは全国に行ける」って言ってるらしいのよ。主力が半分も抜けたから昨シーズンと比べちゃいけないけど、やっぱり警戒されてると簡単には勝たせてくれないですね~。
でも惚れた者の弱みですから、その辺は気にせずに応援に集中したいと思います。(じゃぁ行けよ)


毎年恒例(?)、毎日新聞の東京都のチーム紹介も始まりました。
 ⇒ 第79回都市対抗野球:都1次予選 チーム紹介/1 /東京
 ⇒ 第79回都市対抗野球:都1次予選 チーム紹介/2 /東京

山本翔選手もREVENGE99に移籍したんですね~。
結局、サウザンからREVENGE99へ移ったのは、森拓也選手と吉田英之選手と山本翔選手の3名かな。森選手みたいな気持ちが出過ぎて、何もしてないのに「がおー!」って雰囲気の選手が抜けるのは淋しいですね。

WIEN'94のチーム紹介は、明日にでも出るでしょうか。
三菱ふそう川崎OBが3名(近藤・平川・新地)で、東芝OBが1名(松田)。これは先日の試合で確認済み。他にどんな選手が名を連ねているか楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。